プロバイダ

ドコモ光とTNCの夜の速度は遅い?TOKAIネットワーククラブの評判とIPv6対応。


「ドコモ光のお得なプロバイダは?」

「TNCの評判や通信速度はどう?」

こう考えている方は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、TNCをプロバイダ評価した結果をご紹介します。

 

この記事の内容

  • TNCのメリット・デメリット
  • TNCの口コミや実際の速度
  • おすすめのプロバイダ

 

【まず結論】ドコモ光とTNC(TOKAIネットワーククラブ)の評価

 

それでは、内容の前にまとめから。

 

実際の通信速度、口コミも調べましたが、TNCはプロバイダとしておすすめしません。

 

一番の理由は口コミです。

「TNCの通信速度が遅い」との口コミが、Google Map上やTwitter上でいくつも見つかりました。

 

他のプロバイダでもゼロではないのですが、TNCは特に口コミが多い印象です。

例えば、Google Mapの評価を見てみると、★2.0と低めの評価になっています。

【Google Mapの評判は★2.0(18件中)】

 

また、v6プラスに対応しておらず、通信が不安定になりやすいのも理由のひとつです。

 

つまり、特にこだわりが無い限り、TNCは選ぶべきではないプロバイダだと思いました。

 

一方で当サイトでは、ドコモ光の全24社のプロバイダをひとつずつ評価しています。

結果、ドコモ光の一番お得なプロバイダはGMOとくとくBBでした。

【一番お得なプロバイダ】

 

理由は、通信速度がプロバイダの中でも安定して速いことです。

また、タイプAのプロバイダなので、月額料がTNCより安い上に、限定特典もとてもお得です。

 

このような理由から、一番お得なプロバイダはGMOとくとくBB。

これは、24社のプロバイダを全てを比較した結論です。

 

最後に、GMOとくとくBBは専用ページからの申し込みで限定特典があります。

専用ページは以下のリンクから移動できるので、こちらから手続きしてくださいね。

 

もり

GMOとくとくBBはとてもお得なプロバイダですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

GMOとくとくBB限定特典

<特典専用の申込みページ>

 

 

 

もり

全24社のプロバイダは、以下の記事で比較しています。

 

 

 

 

それでは、調べた結果をひとつずつご紹介します。

 

ドコモ光でTNCを選ぶべきでない理由4つ

 

選ぶべきでない理由は4つです。

 

TNCは通信が安定しづらい

まず、TNCは一部の他のプロバイダよりも通信が安定しづらくなります。

理由は、IPv4 over IPv6のv6プラスに対応していないためです。

実際に、TNCのプロバイダ提供条件書も確認しました。

 

【TNCのプロバイダ提供条件書】

※引用元:プロバイダ提供条件書(TNC)

 

この通り、IPv6通信には対応していますが、IPv4 over IPv6のv6プラスには対応していませんね。

ちなみに、対応してるプロバイダは、『IPv4 over IPv6』と書かれています。

【(参考)IPv4 over IPv6対応のプロバイダ】

※引用元:プロバイダ提供条件書(GMOとくとくBB)

 

以上の通り、TNCはv6プラスに対応していません。

つまり、通信が安定しづらくなります。

 

TNCの口コミは低評価が多い

続いて、TNCの口コミは低評価が多かったです。

一番多かった口コミは「通信速度が遅い」です。

 

この記事を作成するに当たり、Google Mapの評価とTwitterの口コミをどちらも確認しましたが、どちらも通信速度が遅い口コミが多かったです。

例えば、以下の口コミです。

 

この通り、TNCには良い評判がありませんでした。

 

TNCは月額料が200円高い

続いて、TNCは月額料が200円高いです。

理由は、TNCがタイプBのプロバイダのため。

 

ドコモ光はプロバイダがタイプAとタイプBの2種類に分かれていて、タイプBはタイプAより200円高いです。

つまり、タイプBのTNCは他のタイプAのプロバイダよりも、200円高くなります。

 

TNCのタイプBの特典が無い

続いて、TNCにはタイプBのメリットや特典がありませんでした。

ドコモ光のタイプBのプロバイダは全6種類ですが、その内、OCNとAsahiネットにはタイプBのメリットがあります。

 

【タイプBにメリットがあるプロバイダ】

  • OCN
    =OCNモバイルONEのスマホ代も月200円引き
  • Asahiネット
    =ブログとメールが無制限で使い放題

 

このように、タイプBにメリットがあるプロバイダもある中、TNCにはそのメリットがありません。

なので、TNCを選ぶ理由も見つかりませんでした。

 

もり

やはり、値段が高いながら通信速度が遅い事が、大きなデメリットになります。

 

\このページ限定!最大2万円がもらえる/

<ドコモ光:キャンペーンサイト>

 

 

 

ドコモ光とTNCの通信速度や口コミ

 

続いて、実際の通信速度と口コミを調べました。

 

ドコモ光とTNCの実測は?

まずは、ドコモ光×TNCの実測を調べた結果です。

ユーザーの口コミサイトから調査しました。

 

結果、夕方と夜の時間帯に遅くなりがちなようです。

やはり、v6プラス(IPv4 over IPv6)に対応していないので、混み合いやすいゴールデンタイムに遅くなっていると思います。

 

実際の通信速度は以下の通り。

【ドコモ光×TNCの時間帯別の通信速度】

時間帯 上り
(Mbps)
下り
(Mbps)
Ping
(ms)
192 266 14
206 227 16
夕方 97 116 25
58 112 30
深夜 144 201 19
1日平均 139 184 21

※引用元:みんなのネット回線速度(ドコモ光×TNC)

 

この通り、夕方と夜が少し遅いですね。

 

TNCの口コミや評判(Google Map)

続いて、口コミや評判を調べました。

Google MapとTwitterに口コミがありましたが、あまり良い評判ではなさそうでした。

調べた結果をご紹介していきます。

 

Google Mapの総合評価(TNC)

まず、全体的な評価は★2.0と、低い評価でした。

【TNCの評判は★2.0(18件中)】

 

この通り、★5もありましたが、圧倒的に★1が多い事で、★2.0の低評価に繋がっているようです。

 

実際のコメントを調べたところ、通信速度が遅いのが一番多い評価理由でした。

また、一部で電話対応に関する評価もありました。

 

Google Mapの個別口コミ(3件)

実際の口コミも3件ご紹介します。

通信速度が遅い口コミが多いようですね。

●口コミ1

とにかく、速度が遅い!

V6プラスはいつ導入するのかな?

今のところ、お薦めできないです。

乗り換え考えて調査中!

※引用元:Google Map(TNC)

●口コミ2

Wi-Fiゴミクズすぎて全然使いもんにならない。

いつも家ではWi-Fi切って使ってる。

なぜなら、ここのWi-Fiゴミすぎて切った方が早いから。YouTuber見ててもすぐに切れる。

ゲームをやればAndroid並みに遅くなる。

※引用元:Google Map2(TNC)

●口コミ3

集合住宅に住んでますが、電波状態が悪いと伝えたら、戸数が増えれば仕方がないと済まされた。

そのくせ、引き落としが出来なかったら即電話が来て○日までに払って下さい。

過ぎると使えないです。と。支払ってても使えないけど、それは良いの?改善して欲しいです。

※引用元:Google Map3(TNC)

 

以上が、★1の評価理由(3件)でした。

いい評価の方は、具体的な評価理由は書かれていなかったので、ここでは省略します。

 

TNCの口コミや評判(Twitterの口コミ)

続いて、TNCのTwitterでの口コミも調べました。

全体的には、それほど多くの口コミや評判はありませんでした。

 

しかし、見つかった口コミを見てみると、Google Mapと同じように「通信速度が遅い」との口コミが多かったです。

こちらも、実際の口コミを3つご紹介しておきます。

 

この通り、あまり良い評判ではありませんでした。

 

もり

以上が、口コミと通信速度でした。

 

 

 

ドコモ光とTNCの疑問や注意点など

 

TNCに関する、よくある質問と注意点をまとめました。

 

ドコモ光の@TCOMとTNCの違いは?

@TCOMとTNCは同じTOKAIコミュニケーションズが運営するプロバイダです。

TNCは元々TOKAIグループが運営していたダイアルアップに対応したプロバイダで、@TCOMはCATVを運営するTHN(トーカイハイウェイネット)が運営していました。

 

しかし、THNがTOKAIグループに吸収合併されたため、現在は@TCOMとTNCの両方をTOKAIコミュニケーションズが運営しています。

@TCOMとTNCの違いを簡単にご紹介します。

  @TCOM TNC
   
プロバイダタイプ タイプB タイプB
v6プラス
(通信安定技術)
あり なし
無料ルーター あり なし
訪問サポート 初回無料 有料
リモートサポート 有料 なし
セキュリティソフト 12カ月無料 12カ月無料

 

見てもらったら分かりますが、同じタイプBにもかかわらず、明らかに@TCOMのサービスが優遇されています。

なので、@TCOMとTNCで迷われている方は、@TCOMがおすすめです。

 

ただし、どちらもタイプBのため、一番のおすすめではありません。(一番はGMOとくとくBB)

 

ドコモ光とTNCが遅いときは?

素直にプロバイダを変更しましょう。

口コミもあまり良くないので、プロバイダ変更が一番解決する近道になります。

 

変更方法は、ドコモ光への電話です。

  • やり方 :ドコモ光カスタマーサポート
  • 電話番号:0120-800-000
  • 受付時間:午前9時~午後8時

 

おすすめプロバイダは、GMOとくとくBBです。

 

ドコモ光とTNC解約方法は?

ドコモ光へ電話すれば、解約できます。

ただし、TNCの場合は、TOKAIコミュニケーションズよりプロバイダの継続意志の確認があるようです。

【ドコモ光とTNCの解約について】

プロバイダ契約の継続意向について、TOKAIネットワーククラブ事務局よりお客さまへ意思確認をさせていただきます。

継続される場合につきましては、変更したコースに対応した利用料金が発生します。

※引用元:プロバイダ提供条件書(TNC)

 

この後、解約申請は25日までに書面で提出が必要なので、なるべく余裕を持って解約することをおすすめします。

なお、継続には『TNCのプロバイダ継続料』がかかるようなので、特別な理由が無い限り「TNCを継続しない」をおすすめします。

 

ドコモ光とTNCヒカリを比較

ドコモスマホはドコモ光がお得で、LIBMOのスマホはTNCヒカリがお得になります。

基本料金はTNCヒカリが若干安いですが、それぞれスマホ割りがあるので、スマホのキャリアに光回線を合わせた方がトータルのネット代は安いです。

 

念のため、ドコモ光とTNCヒカリの月額料金とスマホ代割引を比較しました。

【ドコモ光とTNCヒカリの比較】

ドコモ光 TNCヒカリ
月額 マンション 4,000円 3,800
戸建て 5,200円 5,100
スマホ代割引 ドコモ
(~1,000円)
LIBMO
(300円)
ポイント特典 dポイント付与

※1:ドコモ光はタイプAで計算
※2:TNCヒカリは2年バリューパックで計算

 

この通り、ドコモ光はドコモスマホの割引があり、TNCヒカリにはLIBMOのスマホ代割引があります。

なので、スマホに合わせて光回線を選べば、損しません。

 

もり

以上が、よくある質問・注意点でした!

 

 

 

TOKAIネットワーククラブついて

 

最後にTNCのTOKAIネットワーククラブ(TOKAI NETWORK CLUB)をご紹介します。

 

TOKAIネットワーククラブとは

TOKAIネットワーククラブは、TOKAIコミュニケーションズが運営するインターネットサービスプロバイダですね。

上でもご紹介したとおり、TOKAIコミュニケーションズは、TNCと@TCOMの両方を運営しています。

 

TOKAIコミュニケーションズの会社のプロフィールは以下の通り。

【会社プロフィール】

運営会社 株式会社TOKAIコミュニケーションズ
(TOKAI Communications Corporation)
サービス TOKAIネットワーククラブ(TNC)
設立 1977年3月18日
所在地 〒420-0034
静岡県静岡市葵区常磐町2丁目6番地の8
TOKAIビル
電話番号 0120-696-927
サイト ホームページ

 

TOKAIネットワーククラブの外観

TOKAIネットワーククラブの建物の外観もご紹介しておきます。

こちらのTOKAIビルに、TOKAIネットワーククラブを提供する、TOKAIコミュニケーションズが所在します。

※引用元:Google Map

 

もり

以上で、TOKAIネットワーククラブのご紹介を終わります。

 

 

 

ドコモ光とTNCの評価まとめ

 

まとめです。

この記事では、TNCのプロバイダを評価しました。

改めてポイントをまとめると、以下の3つです。

この記事のまとめ

  • TNCを選ぶメリットはほぼ無し
    ・通信が不安定
    ・口コミに低評価が多い
    ・月額料が高い
    ・タイプBのメリットもなし
  • プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

 

以上です。

 

最後に、ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめです。

理由は、光回線の通信速度が速く安定していること、人気があること、限定特典がお得なことなどが理由です。

 

限定特典は以下のリンクからの申し込みでもらえるので、チェックしてみてくださいね。

 

もり

GMOとくとくBBはとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

GMOとくとくBB限定特典

<特典専用の申込みページ>

 

 

もり

全24社のプロバイダは、以下の記事で比較しています。

 

 

 

 

-プロバイダ

Copyright© らくらくネット選び【ドコモ光版】 , 2021 All Rights Reserved.